初めて家族でスキーツアーに参加する人のために

リフトに家族で乗れるところを選ぶことです

家族で初めてのスキーツアーとなれば、何をやるにも初体験となります。スキーは遊びとは言ってもスポーツですし、冬山は天候が目まぐるしく変わるので危険も伴います。そのためには、家族が一緒に行動がとれるようなスキー場を選ぶことです。スキー場で家族がバラバラになる瞬間があります。それは山頂に上がるためにリフトに乗る時です。リフトには一人乗り、二人乗り、フードの付いた四人乗り、そうしてゴンドラがあります。家族が共に移動できるリフトがあるスキー場を選ぶのが安心です。

スキー教室で年齢にあったところの確認が必要

スキーを楽しむには最初が肝心です。初めてのスキーが楽しいものでなければ、二度とスキー場に行こうとはいません。楽しみにしていた子どもが面白みを感じなければ、その家族はスキー場からは離れてしまいます。このような思いにならないためには、スキー教室を開いているスキー場を選ぶことです。スキー教室と言っても、幼児・ジュニアとコースがあるので、年齢に合った教室があるかどうかの確認が必要です。基本を身体で覚えてしまえば、翌年も子どもは行こうとなります。

ゲレンデで初心者コースのあるところ

スキー場のゲレンデ紹介に、上級者・中級者といったコースが記載されています。また、全日本A級公認コースといったプロ級のコースを持ったスキー場もあります。初めてのスキーツアーであれば、初級者コースと書かれてあれば大丈夫だと思いがちですが、初級者でも山頂から滑るには度胸が必要です。山の下から見上げるのと、山頂から見下ろすのでは恐怖感が違います。安心なのは、初心者コースやファミリーコースなどで、傾斜の中間地点から滑って慣れるコースを選ぶことです。

スキーツアーの参加のタイミングを見計らう上で、複数の旅行会社の話題性のあるプランの特徴を調べることが良いでしょう。